ACアダプタを変えるとThinkCentre M715q Tinyは少し速く、ThinkCentre M75q-1 Tinyは劇的に速くなります

Pocket

この記事この記事でベンチマークの結果が不可解だったのでちょっと試したところ、速くなったという話です。

前回の測定では『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク』の結果がこんな感じでした。

機種 スコア
ThinkCentre M715q Tiny 4301(快適)
ThinkCentre M75q-1 Tiny 3246(やや快適)

不満なほど遅くはないのですが少し期待外れなのと、不可解なのがRyzen 5 Pro 3400GE搭載のThinkCentre M75q-1 TinyがRyzen 5 PRO 2400GEのThinkCentre M715q Tinyに負けている事です。

ThinkCentre M715q Tiny、ThinkCentre M75q-1 Tiny共に購入時に付属しているのは65WのACアダプタです。私が使用しているThinkPad P1に付属しているのが135WのACアダプタです。両方ともコネクタ形状は共通です。

この135WのACアダプタをThinkCentre M715q Tiny、ThinkCentre M75q-1 Tinyに接続してベンチマークソフトで測定してみます。

FF XIVベンチマーク(DirectX) Cinebench R15
OpenGL CPU
M715q(65W) 4301(快適) 39.20 fps 547 cb
M715q(135W) 4853(快適)
(12%↑)
49.34 fps
(25%↑)
551 cb
M75q-1(65W) 3246(やや快適) 38.46 fps 736 cb
M75q-1(135W) 6240(とても快適)
(92%↑)
56.69 fps
(47%↑)
756 cb

DirectX、OpenGLが劇的に速くなりました。特にRyzen 5 Pro 3400GE搭載のThinkCentre M75q-1 TinyのDirectXは2倍近く速くなっています。

つまり、
・Ryzen搭載のThinkCentre Tinyは標準の65WのACアダプタでは電力不足で速度低下が起きている
・新機種のM75q-1が旧機種のM715qより遅かったのは、電力不足の影響がより顕著になった
という事でしょうか。

Lenovoさんがこの事に気づいていないわけは無いと思うので、スペックより省電力を売りにしたかったという事でしょうか。
でもせめて、注文時にACアダプタを選択できても良い気がします。

Pocket

ACアダプタを変えるとThinkCentre M715q Tinyは少し速く、ThinkCentre M75q-1 Tinyは劇的に速くなります” への1件のコメント

  1. ピンバック: 【2020年2月最新版】32120円で買える、ぎりぎりゲーミングPC【最高コスパPC】【注意点有り】 | ぷっか博士のブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください