ThinkPad P1のレビュー(ベンチマーク編)

Pocket

前回のレビュー記事では、ThinkPad P1のスペックを抜きに書いてしまい、せっかくのP1の良いところが全然見えてこない記事になってしまいました。ちょっとかわいそうなので、今回はスペックを中心に記事にしようと思った次第です。

スペックを評価するには他のPCと相対的に評価するのが手っ取り早いので、その辺にあるPCをCinebenchで測定し、結果の比較をしたいと思います。

Cinebench R15の結果

機種 スペック OpenGL CPU
ThinkPad P1 Intel Core i7-8850H CPU
6 Cores, 12 Threads @ 2.6 GHz
Quadro P2000 with Max-Q Design/PCIe/SSE2
142.49 fps 1186 cb
ThinkPad T580 Intel Core i7-8550U CPU
4 Cores, 8 Threads @ 2.00 GHz
GeForce MX150/PCIe/SSE2
76.00 fps 629 cb
ThinkPad X1 Yoga(2016) Intel Core i7-6500U CPU
2 Cores, 4 Threads @ 2.60 GHz
Intel(R) HD Graphics 520
36.27 fps 245 cb
Surface Pro LTE Advanced Intel Core i5-7300U CPU
2 Cores, 4 Threads @ 2.72 GHz
Intel(R) HD Graphics 620
46.09 fps 360 cb
MacBook Intel Core i7-7Y75
2 Cores, 4 Threads @ 1.4 GHz
Intel(R) HD Graphics 615
27.18 fps 253 cb
LITTLEGEAR
(2016年購入のゲーミングPC)
Intel Core i7-6700K CPU
4 Cores, 8 Threads @ 4.01 GHz
GeForce GTX 980 Ti/PCIe/SSE2
102.56 fps 870 cb

なんと!P1は二年前のデスクトップのゲーミングPCよりスコアが上ですよ!弊社の性能トップの座が交代しました!一気に愛着が湧きました。

調子に乗って、『ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク』も対象を絞ってやってみます。

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークの結果

条件は初期状態のまま(1280×720 ウィンドウモード)で実行。

機種 スコア
ThinkPad P1 13121(非常に快適)
ThinkPad T580 8975(非常に快適)
LITTLEGEAR
(2016年購入のゲーミングPC)
17552(非常に快適)

流石にゲームソフト(DirectX)のベンチマークでは2年前のゲーミングPCに勝てないようです。まあ、私はゲームをしないので特に気になることではないです。ただ、非常に快適と言っているので、ゲームもある程度問題なく出来る様子です。

P1の兄弟モデルと呼ばれているX1 ExtremeにはGPUにNVIDIA GeForce GTX 1050Tiを搭載しているので、きっと2年前のゲーミングPCのスコアを超える事でしょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。