炭酸飲料を作る

Pocket

今回は炭酸飲料を作ります。ジンジャーエール(嘘)を作ります。

たぶん生姜の搾り汁と炭酸とシロップまぜるだけちゃうんて思う方が大半だと思いますが、発酵させて作ります。実はこの記事を書いているときにいろいろ調べててわかったのですが、発酵させるのはジンジャービアというのが正しいです。ジンジャーエールは当初は生姜の搾り汁と砂糖と炭酸水で作られていましたが、現在普通に買えるジンジャーエールは生姜風味飲料らしいので生姜は入っていないそうです。なのでジンジャービアは辛みが強烈でおいしいですよ!

発酵させるなんて難易度たかいんとちゃうん?と思われると思いますが、まあ騙されたと思って続きを読んでください。話はそれますが、文書内の「ちゃうん」という言葉遣いに違和感を感じた方は、「ちゃうちゃう ナイトスクープ」で検索されると勉強できます。risaikuで11号だけ?が関西出身です。

レシピ

  • 水 1リットル
  • 生姜 直径5cmぐらいのかたまり 多ければ辛くなる
  • 砂糖 60g
  • 酵母 少々
  • 炭酸飲料が入っていたペットボトル 普通のは破裂する
  • 唐辛子とかシナモンをいれてもいいらしい。

作り方

  1. 生姜をすりおろしてからすべての材料をペットボトルに入れる
  2. 放置 日のあたる場所で夏なら半日、冬なら2日 念のため袋に入れる。破裂したら後片付けが大変。
  3. 冷やす

以上です。どうですか?簡単でしょう?

ただし飲むときにはふたを一気に開けてはだめですメントスコーラみたいに吹き出します。炭酸は容器内側の微妙な凹凸をに刺激されて最初の泡が作られますが、すりおろした生姜が入っていますので凸凹だらけで刺激され放題です。最初は圧力で抑えられていておとなしくしていますが、ふたを開けた瞬間荒れ狂います。なので少しづつ開けて、シューと音がしだしたら手を放さずに音がしなくなるまで待ちましょう。その後も少しづつ様子を見ながら徐々に開けてください。

あとレシピに酵母とありますが、イースト菌とかそんなのです。糖を二酸化炭素とアルコールに分解します。酵母を最初にたくさん入れるとその分発酵も早いですが、パン臭がしますので少々でいいです。どうせあとで爆発的に増殖します。私は白神こだま酵母というものを使っています。白神山地で発見されたスーパーエリートです。

最後に重要事項です。作ったらさっさと飲みましょう。酵母の働きを考えればわかりますが、あまり放置するとお酒になります。アルコール度数1%を超えるとそれは密造という立派な違法行為!!度数計なんて普通もっていないと思うので、自分の舌で1%を見極めましょう。

余談:イースト菌より天然酵母のほうがいいというイメージがあるような気がしますが、イースト菌だって天然のものの中からパンの発酵に適したものを増殖させただけです。口にするパンのほとんどがイースト菌なので、天然酵母のパンの風味がいつもと違う!おいしい!!と感じるだけじゃないですかね?


全部混ぜた直後、生姜が浮いている
色が茶色なのはてんさい糖を使用したため

 

 

 

放置後。わかりにくいが炭酸の圧力で容器がかっちかちになっている

 

 

 

 

沈殿する生姜と酵母。確か食品のビール酵母はビール作るときにできた沈殿物(酵母の死骸)。

 

 

 

 

蓋は慎重に開ける シューと音がして泡立っている。1分ぐらい頑張る。

 

 

 

 

最初は炭酸と一緒にたまっていた酵母が攪拌されるので濁ってしまう。飲んでも害はないどころかたぶん栄養満点。

 

 

 

 

沈殿後、澄んだ色に。微炭酸でうまい。

 

 

 

 

 

パイオニア企画 白神こだま酵母ドライG 40g(5g×8袋)

アサヒ ウィルキンソン ジンジャエール辛口 リターナブル瓶 190ml×24本

n.e.oプレミアムジンジャーエール 95ml×24本

フェンティマンス ジンジャービアー 275ml×12本

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。