SynologyのNASでOpenVPNを使用する際に証明書エラーになる場合の解決方法

Pocket
LINEで送る

SynologyのNASにはOpenVPNの機能があるのですが、マニュアルの手順に沿って設定してもクライアント側で証明書エラーになりました。

その解決方法の紹介です。

今回の環境では、ドメイン名でアクセスできるようにルーターにポート転送の設定を入れてあります。
また、そのドメインのサーバ証明書を設定してあります。

何も考えずにOpenVPNの設定を入れると、この証明書が使用されるようです。

そこで、Synology NASのコントロールパネルからセキュリティ→証明書と進み、VPN Serverの証明書をSynologyの自署証明書に設定します。

すると、こうなります。

こうしてから、VPN Serverの設定画面で「エクスポート設定」をクリックして、クライアントへ持っていけばOKです。

(ボタン名がなんかおかしいですね。「設定のエクスポート」という事でしょう。)

おそらく上記設定を見直せばサーバ証明書でもいけるのでしょうが、ちゃんとしたサーバ証明書は有効期間が短いのでこの対処方法でよしとします。

Pocket
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください